このエントリーをはてなブックマークに追加


図書館サポーター(謎班)企画・運営による脱出ゲームの実施について(報告)



 2017年10月7日(土)、8日(日)の工大祭において、東京工業大学附属図書館を舞台とする脱出ゲーム『魔法の絵本からの脱出~Tech-chan in Wonderland~』*を開催しました。

 2日間の総参加者数は95グループ297名、うち学内者が29グループ68名、一般参加者が66グループ139人でした。平均クリア時間は130分、脱出成功率は44.2%と予想通りの難問ゲームとなりましたが、東工大生だけではなく、工大祭に来場された親子連れなど、幅広い世代に楽しんでいただけました。
 また、工大祭当日に参加できなかった東工大生のために、10月26日(木)、27日(金)の両日、17時~20時に再演を行い、2日間で28グループ56名の参加を得ました。

 今回の「脱出ゲーム」企画実施にあたっては、ミーティングの進行、担当分担、謎の作成、ストーリー創作、Twitterによる広報活動、小道具やポスターの制作、実施にあたっての課題の洗い出しとその解決方法、当日の運営など、ほぼ全ての活動を「東工大図書館サポーター(謎班)」**の学生たちが行いました。学生たちの主体的・自律的な活動を促すため、図書館職員は図書館サポーター学生たちのサポートに徹したことも、試みの一つです。 学生たちの手による脱出ゲームは、普段、図書館に足を運ばない学生にも図書館を体感してもらうことを目標の一つに掲げ、学生目線で図書館という空間を楽しむ内容に仕上がりました。

 現在、来年4月の新入生を対象とした図書館脱出ゲームの実施に向けて、準備を進めています。


(ポスター:PDF)

 *テックちゃん(Tech-chan)とは・・・
  2011年に誕生した工大祭の公式マスコットキャラクターです。

 **図書館サポーターとは・・・
  カウンター対応、書架の整理、資料の整備、広報活動、展示等の企画など
 さまざまな活動を図書館職員と協働して行っている学生たちです。
  「脱出ゲーム」を実施した謎班のTwitterアカウントは、@LibTechEscape   




2017年11月22日
総務グループ(03-5734-3222)