SFX 東京工業大学附属図書館・リンクリゾルバサービスについて
Link Resolver service in Tokyo Tech

東工大図書館では、文献データベースやOPAC(蔵書検索)から、目的の資料の入手までをスムーズにするための仕組みとして、SFXというサービスを導入いたしました。
文献データベースの検索結果に表示されているアイコン を クリックすることで、 電子ジャーナルの有無を表示し、電子ジャーナルがない場合は、OPACへのリンクを 表示することで、簡単に冊子の所蔵があるかも確認できます。
スタート
Start
SFXによるリンク
Link by SFX system
ゴール
Goal
文献データベース
(二次情報)
CiNii
EBSCO Host
Engineering Village
FirstSearch
Google Scholar
MathSciNet
PubMed
SciFinder Scholar

   →
Findit icon
一次情報
(あるいは二次情報)
電子リソース/E-resource
・E-Journal
・E-Book
所蔵の確認/Holding info.
・東工大OPAC
・NACSIS Webcat
・NDL(国会図書館) OPAC
文献複写依頼/ILL form
・TDLオンラインリクエスト
関連情報の入手など/Others
・Journal Citation Report
・GoogleScholar
・書誌情報の保存
イメージ図/Image

SFXが中間に位置し、文献データベースと電子ジャーナルなどの一次情報をつなぐ役割を担っています。

SFXのリンクは、文献データベースの検索結果に、というアイコンで表示されます。
(上記文献データベースを、東工大キャンパス内にて検索した場合に表示されます)

OPACの検索結果には、アイコンが表示され、そこから電子ジャーナルなどへリンクしていきます。
東工大電子ジャーナルページも、SFXの仕組みにより運用されております。
東工大電子ジャーナルサービス /Tokyo Tech Electronic Journals

詳しい利用方法については、以下のファイルをご覧ください。/ Guide to use this service


<<注意>>
は、電子ジャーナルなど資料の入手をガイドする役割はありますが、電子ジャーナルへ必ずリンクするものではありません。リンクをクリックすることで、東工大の電子ジャーナルの購読状況をデータベースで確認して、リンクを返します。たとえ電子ジャーナルが存在しても、それが東工大で利用できない場合はリンクは表示されません。

ご質問・ご要望はAskサービスまでお寄せください。
Any question and request, Ask here.
(C)東京工業大学附属図書館
Last modified:7/26/2010