図書館を通して、学内にない資料を他の図書館などから借り受けることができます。


申込み方法 

本学に求める資料がないことを 蔵書検索で確認したうえで、「図書取寄せ申込書(学外機関)」に必要事項を記入してカウンターまでお持ちください。 申込書は1冊につき1部必要です。
公費で申し込む場合には、申込書に経費負担教員の記名・押印・予算コードが必要です。
オンラインリクエストからも申し込むことができます。申込み方法については、こちらをご参照ください。

借用できない資料 

相手館の基準によりますが、貴重書、参考図書、大型本、和装本、新刊書、逐次刊行物(雑誌・新聞等)のほか、古い資料(戦前のもの)、容易に購入できる図書(新刊本等)は一般的に借用できません。


取寄せにかかる日数、借用期間と料金の目安 

依頼先  日数 借用期間 料金
国内の大学図書館 1週間~ 1~2週間前後 1,600円前後~(往復)
国立国会図書館 1週間~ 2週間程度 800円前後~(復路分のみ)
KL-NET(神奈川県内図書館) 1~2週間前後 1~2週間前後 無料
その他の機関 2週間~数ヶ月 -(個別に問合せ) -(個別に問合せ)

※私費でお申込みいただけるのは、国内の大学図書館、国立国会図書館のみです。

取寄せ費用の図書館負担

学生が「私費」で申し込んだ取寄せにかかる費用は、図書館負担となります。

対象者 学士課程学生、修士課程学生、博士課程学生、研究生
対象となる申し込み

以下の条件を満たす図書取り寄せ申し込み

  • 国立国会図書館及び国内の大学図書館・研究機関の図書館からの取り寄せであること
  • 私費での申し込みであること
申し込み方法 対象となる申し込みは、自動的に図書館負担に切り替わり、自己負担は不要です。
留意事項
  • 本取り組みは、公費が利用できない学生の文献入手を支援するものです。公費が利用可能な学生は、公費でお申し込みください。
  • 取り寄せる文献の対象分野は問いません。ただし、本人の調査・研究に必要なものに限ります。

 

利用条件

相手館の貸出条件に基づきご利用いただきます。


図書の受取り 

図書が到着したら、申込書に記入されている連絡先(E-Mailアドレスまたは電話番号)へ連絡します。 連絡が届きましたら、平日8:45-17:00にカウンターまでお越しください。


資料の返却 

平日8:45-17:00に、借用したカウンターへ直接お返しください。ブックポストへは返却しないでください。